秋の稲刈り

f0061903_11383276.jpg
9月7日から9日に、今年の稲刈りが始まりました。
今年は本当に家族総出になり、娘の二人も今年は手伝ってくれました。
田んぼは7面あります、2ヶ所に分かれていて、5面と2面で少し離れた場所にあります。能登(富来)では、はざ干し(天日干し)にします。はざ干しにするため、まず「はざ」を建てなければなりません。1面稲刈りをし、刈り終えた田んぼに「はざ」を建てます。太陽の昇り沈みと角度を考え建てていきます。
気になる今年のお米の出来は、長梅雨・日照不足の影響で「やや不良」の様です。
お米は、穂が出て実が大きくなる時に日照が大きく影響するようです。その時に日照不足の為、「やや不良」との事です。
7日から9日は、早米(ゆめみずほ)を刈りました、後は「こしひかり」でシルバーウィークの連休後に刈りにいきます。
お客様に今年の新米を御出し出来るのは、10月中旬過ぎになるのではと思っています。「はざ干し」のおいしい新米を食べにおいで下さいお待ち致しております。f0061903_1139141.jpgf0061903_11391386.jpg
[PR]
by hakuunkaku | 2009-09-18 09:06


一乗谷朝倉氏遺跡 >>